1. >
  2. 憧れのふわふわ泡

憧れのふわふわ泡

某洗顔料のコマーシャルで、自分の顔より大きいふわふわの泡を、かなり時間をかけて作っているのがありますね。

その商品を使用したことはありませんが、あの泡に顔を埋めたら、本当に気持ち良さそうだと思っていつも見ています。

一般的な洗顔料でも、できるだけきめ細かい泡を作ったほうが良いという話はよく耳にします。

そこで同様の泡が作れるかどうか、さっそく実験しました。

泡立てようとすればするほど、なぜか粘性が増し、手のひらに張り付く洗顔料。

そしてその中途半端にできあがった泡に顔を埋めると・・・。窒息しそうになりました。

洗顔の世界は奥が深いと思う今日この頃です。

毎日の洗顔の大切さ。

昔は、ただ洗顔剤を泡だてて洗っていましたが、テレビや雑誌などで洗顔剤をキメ細かくなるまでよく泡立てる事が大切だと書かれているのを見て以降、朝晩必ずよく泡立てる様にしています。

こうする事で、毛穴の奥の汚れもスッキリ取り除けるそうです。

更に、2週間に1度はスクラブ洗顔剤を使用して洗顔しています。

肌を傷つけない様に優しく顔全体を洗いますが、スクラブ洗顔をした後は肌がスベスベになるのでとても気持ちが良いです。

毎日の洗顔では取り辛い汚れがスッキリ取れているのが実感できます。

私が洗顔の方法を変えたわけ

若い頃、私は油分が多い肌質で、ニキビも多く、洗顔を欠かすことはできませんでした。特に夏場は少しでもぬるっとしているのが嫌で二度洗いをしていました。洗った後、つっぱる感覚が逆に気持ちよかったりしたものです。でも当時仲良くしていた友人で、ニキビ一つなくきれいな肌をしていた人に洗顔について尋ねると、ぬるま湯だけで洗うという答えが返ってきたのです。その人は敏感肌で、とくに石鹸のような刺激の強いもので洗うとかえって肌荒れしてしまうのだとか。それからは、私も朝はぬるま湯だけで洗顔し、夜は刺激の少ない洗顔料で洗うようにしました。ニキビ(大人は吹き出物ですね)も消え、Tゾーンのテカリも洗顔方法を変える前よりはましになったように思います。